category: event  2016/10/8

CHOUTSUGAI x BLACK SUNDAY -juliano x Visitors For Reworks in Tokyo-

writer: choutsugai

0424_after
 
9月の余韻を引きづりながらもパーティーは続きます!
同世代のグッドパーティーBLACK SUNDAYとのオールナイトパーティーの開催です。
 
中目黒solfaを中心に開催するCHOUTSUGAIと渋谷KOARAにて開催するBLACK SUNDAYによるコラボレーションパーティーを開催。
 
同二つのパーティーはSunday Afternoon Partyとして開催され、Theo Parrishをはじめとするデトロイトなどの黒く時に冷たくも暖かみのあるハウスミュージックからの影響を受けるパーティーとして共通点も多い。
 
ゲストDJにはフランスのThat Place Recordsを主宰するJuliano、
同レーベルからのリリースを果たすVisitors For Reworks(VFR)によるB2Bセットでの出演が決定。
 
MidnightでJointする二つのパーティーを是非体験して欲しい。
 
 

CHOUTSUGAI x BLACK SUNDAY Presents -Juliano x Visitors For Reworks in Tokyo-

 
[Date] 10.09(Sun)
[Place] solfa nakameguro
[Open] 22:00
[Entrance Fee] 1500yen
 
[Genle]
House / Disco / Others
 
[Guest DJ]
Juliano x Visitors For Reworks B2B Set (That Place Records) from France
 
[BLACK SUNDAY DJs]
cwest
chack
MICK
JACK
 
[CHOUTSUGAI DJs]
ABULA
Kunieda
Sora Mizuno
MMFM
gunjiakifumi
Shuho Iwata
 
[Flower Decoration]
Shiori Sato(CHOUTSUGAI)
 
[Ghost Ikebana Exhibition]
Erina Shinzato(CHOUTSUGAI)
 
 

[ゲストアーティストプロフィール]

juliano

Juliano(That Place Records)

 
フランス人DJ / プロデューサー。
リヨンのクラブAmbassadeでの長きに渡るレジデントやLeSucreでのDJを経験し、この数ヶ月ではバルセロナのRazzmatazz、パリの75021、ベルリンのTresor、リオンのNuitsSonores Festivalなど数々のヴェニューでプレイ、Lil’LouisやDJ Harveyといった先駆者的なアーティストと共演している。
 
Julianoの音楽的アプローチは、ハウス、テクノ、ファンク、ディスコ、アシッド、イタロなど新旧問わず制限のないものであり、常に高いレベルでマジカルかつ活気に満ちた瞬間を味わうことができる。彼の多才さは、音楽は心で会話することを知っているからこそ成せるものだろう。
 
彼はまた、音楽的にも視覚的にもアーティストの主観に重きを置いたレコードレーベル、That PlaceRecordsのオーナーであり、そのポリシーは、アーティストとレーベルが密接であり、家族のような関係を築いているといえる。
 
Visitors For Reworks、Sacha Mambo(MZKBX)、Akirahawks(LoveComedy)が最初のレーベルメイトであり、彼の拠点であるベルリンのGriessmuehleなどでレーベル主催のパーティーを開催している。
 
彼のレーベルが活動している限り、Julianoはハウスミュージックが与える感覚を忘れないだろう。今年初めにリリースされた彼のファーストEPはAme、DonWilliams、San Soda、Murat TepeliなどのDJから大きなサポートを受けている。今年の第二弾となるThat PlaceRecordsのニュータイトルは、すでにLaurent Garnier、Spencer Parker、Roi Perezがプレイしている。
 

 
 
visitors_for_reworks

Visitors For Reworks(That Place Records)

 
フランス人DJ / プロデューサー。
RajとNomaとともにPalmaというテクノプロジェクトとしても活動するVisitors For Reworks(VFR)。彼自身の音楽観はよりアシッドハウスやサイケデリックなサウンドに重きを置いている。
 
彼はアメリカのシーンからたくさんの影響を受けており、彼のトラックはジャムセッションから作られている。この二年間で二枚のEPをThatPlaceからリリースしており、Darko EsserやDon Williams、Kez YMといったアーティストから反響を得ている。
 
彼のDJプレイは体と魂を揺さぶるものであり、リヨンのLe Sucreでレジデントを経験、Robert Hood、Josh Wink、Nick
Hoppnerなど数々のアーティストと共演している。